「そのお鍋押収します!」

この小説は、ジュリア・バックレイさんという海外の人が書いた小説です。 ミステリー小説になります。 しかし、ユーモアあり、ファンタジーあり楽しめる内容の小説になっています。 主人公は、親の経営する不動産会社の仕事をする傍らで料理代行業務も行っています。 事件は、この料理代行業務を行っているときに起こるのですが、本を読み終える最後までドキドキしながら読み進めることができました。 また主人公の愛らしい人柄にとても好感が持てました。 主人公は女性なのですが、彼女を取り巻く周りの人達のキャラクターにも好感が持てまし... Read More

巷説百物語 京極夏彦著

江戸時代末期を舞台に又市とその一味による活躍と作家志望の青年百介との関わりを描いた時代小説です。 又市は主に復讐を旨とする依頼を受け、妖怪の仕業に見せかけて恨みを晴らすという仕事「仕掛け」を各地で行います。 百介がある仕掛けで巻き込まれた事件から話は始まっていきます。   各章が短編として成立している短編集で、文章量が多いといわれる京極夏彦の作品に初めて触れる方も読みやすいと思います。 時代小説ということもあり、時代がかった古い言い回しが所々にあり初めは読みづらいですが、よく使われる文言は決して... Read More

Scroll to top