東野圭吾の『手紙』は一味違う

もう何年も前に出版された本ですが、東野圭吾の『手紙』は、その世界に引きずり込まれ考えさせられる一冊でした。 東野圭吾はどちらかというと、サスペンス系が多く、どんどん場面展開していくタッチで飽きさせないという印象が強かったのですが、『手紙』はむしろ時間がゆっくり流れていく感じです。 そして、誰かに狙われているとか殺されるとか真犯人が見つかるという怖さが一切なく、「犯罪」と「その家族」のことを長いスパンで書いていくというスタイルで、本当に考えさせられる内容です。 話は強盗殺人犯とその弟の、犯罪以降の人生を書い... Read More