ドラゴンタトゥーの女

ドラゴンタトゥーの女は2011年にデビッドフィンチャー監督の元、制作された映画の原作にあたる小説です。 スウェーデンを舞台に、過去にトラウマを持つドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーの女の子リスベットサランデルと、ジャーナリストのミカエルの二人を主軸にして物語が進んでいきます。 全3巻で構成された物語は非常にリアリティのある内容で、作者自信が元々はジャーナリストをしていたという経緯が作品に存分に反映されており、人身売買や移民に関する問題、国家権力との戦いといったスウェーデンで実際に問題となっている題材を... Read More

...

Scroll to top