原田マハ『ロマンシエ』ーアートと恋愛のメランジェ

『暗黙のゲルニカ』『楽園のカンヴァス』で一躍、有名作家となった原田マハさんが2015年に出した長編。 アーティスト志望の主人公と、留学先パリで出会う小説家の物語。前述のベストセラーよりも軽いタッチで、さらりと読むことができます。 面白いのは、主人公の”つぶやき”の描写。3年前に出されたとは思えない、新鮮さの感じられる言葉に、爆笑しながら読み終えました。 そして、本書のもう一つの特徴は、小説の世界と、現実の世界がリンクしているところ。作品中に出てくるパリのリトグラフ工房「idem」は、実在するのです。 つま... Read More

...

Scroll to top