エンドレスエイトの驚愕

今回私が読んだエンドレスエイトの驚愕は、あの涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレスエイトです。 なぜ、小説では一回のループの場面しか語られなかったのにアニメは約8回を8週間にわたり放送したのか。 その意図は何だったのか?そもそも、それを考えることに何の意味があるのか?今まで、こんなにも真剣に考えて、小説やアニメを見てこなかった私ですが、この本はそれを改めさせてくれました。 私は、エンドレスエイトは消失の映画のために、長門の心理を反映させるためにやったことなのかもなという程度の認識でしたが、この本に、それすら否定され... Read More

...

Scroll to top