『口のきき方』は就活の際に読むのが適当!日本語として正しくてもダメな物言いがあった

梶尾しげる氏の『口のきき方』は、就活をする際に読むのが適当な実用書です。丁寧に言葉を選んでいるようでも、第三者が耳にした時、不愉快になる表現を取り上げ、不愉快になる理由が説明されています。 相手との摩擦を避けようとするあまり、正しくない表現になっているケースだけでなく、日本語としては正しくても、連発することでいやらしさが滲んでしまう表現として、梶尾氏は、「思います」「〜になります」をあげています。「です」で短く言い切ることへの恐怖心が、これらの文末表現の多用を生んでいると、梶尾氏は指摘します。日本語として... Read More

...

Scroll to top