「そうか、君は課長になったのか。」を読んで勉強になったこと

平社員として働いている時期、上司の気持ちを少しでも知ることができるかと思って読みました。
課長より上のポストの立場から、課長になりたての後輩へ送る言葉の数々が語られています。
当時はビジネス本として仕事の役に立てようと思って読み始めましたが、それよりも普通に面白い読み物として楽しむことができました。
課長というポジションに対して大変やりがいがある仕事だと暖かく包み込むように安心させる言葉が並んでいます。
会社のポジションの中で一番やりがいがあるという言葉は、大企業の役員まで経験された著者ならではの重みもありました。
私も含めて、多くの平社員は課長という管理職になることに抵抗を持っていますが、これを読むと課長になるのも悪くないのではと思えてきました。
平社員よりも権限が増えるので逆に仕事は面白くなること、課長より上になると現場から遠くなるので権限は増えても仕事がつまらなくなること、などはとても具体的で納得のいく文章でした。
その文章それぞれが押し付けがましいわけでもなく、後輩を優しく後押ししようという愛情に溢れていました。
全編通して語り掛ける文体になっているので、すらすらとストレスなく読むことができるので社会人におすすめできる内容です。