巷説百物語 京極夏彦著

江戸時代末期を舞台に又市とその一味による活躍と作家志望の青年百介との関わりを描いた時代小説です。

又市は主に復讐を旨とする依頼を受け、妖怪の仕業に見せかけて恨みを晴らすという仕事「仕掛け」を各地で行います。

百介がある仕掛けで巻き込まれた事件から話は始まっていきます。

 

各章が短編として成立している短編集で、文章量が多いといわれる京極夏彦の作品に初めて触れる方も読みやすいと思います。

時代小説ということもあり、時代がかった古い言い回しが所々にあり初めは読みづらいですが、よく使われる文言は決して多くないので慣れてくるとすらすら読めます。

特に又市の操る江戸弁は時代劇や落語を聞いているようなテンポの良い心地よさがあります。

 

すっきり楽しいとまではいきませんが、又市一味による仕掛けで悪人がやり込められる姿を見るのは一種の爽快感があります。

また、依頼者やターゲットの生い立ちや背景も描かれており、世の不条理や人間の業というものについても考えさせられます。

作者の妖怪や怪異に対する独特な考察が垣間見えるのも興味深いです。

 

本書が気に入った方は巷説百物語の続編シリーズや京極堂シリーズで京極夏彦巡りをしてみてはいかがでしょうか?

Scroll to top