古本買取

ブックオフのお店にまだ入ったことが無かった時は「本を売ってみたいな」と思っていても行けずにいました。

ですが、本好きの友達に1度くっついて行って中のことが分かったので、一人で店舗買取を利用できるようになりブックオフ小山店へ行きました。

査定の手続きは簡単でした。持ち込んだ本を順番に査定してもらいます。

査定中の待ち時間は(待っている時は長く感じるものです)

店内の本を物色しているうちに査定が完了しました。

10年以上前に購入した本だったからなのか、需要が無い本だからなのか理由は聞きませんでしたが、「あ、そんなもんなんだ」といったお安い金額だったように記憶しています。

でも、その足で100円の本を購入してきているので、100円で販売されてしまうことを考えると、買取額が安くても仕方がないのかな、と勝手に考えていました。

以前「新刊本を読み終わったらすぐに高値で売るといい」と聞いたことがあります。

確かに屋さんで定価で売っていたのと全く同じ本が少しだけでもお安くなってお店に並んでいるのを発見したら、迷わず即買いしてしまったので、需要がある本は高値で買い取ってもらえるのかもしれません。

購入でお店をうまく使いこなしている友達が教えてくれたところでは、お店によって本の品揃えや販売単価が違うのだそうです。

これは、多店舗を回っている人でないと知らないことかもしれません。

なので、一緒にいるときに、いつもと違うお店を見つけると「入ってみていい?」とよく偵察に入ります。

「お店によって買取金額が違う」「店長の方針が違うから」と聞いたことがあるので、友達が言っていたような需要がありそうな店舗を知ることができれば、ひょっとすると高めに買い取ってもらえるのかもしれないという考えと、新刊本ではないのでこだわらずに買い取りに持ち込んだ方がいいのかなという考えとがあり、2度目の買取はまだ挑戦できていません。

読まない本を捨てるのではなくて活用するには素敵なシステムだと実感しているので、活用しない手はないな、と思っています。

以前の私のように、行ったことがなかったり買取額が安いかもしれないと躊躇している方には先入観なく「心配しないでとりあえず1度行ってみて」とお勧めします。

意外とはまってしまって、リピートするかもしれません。

ブックオフなどの古本屋が近くに店舗がない場合や、持っていくのが面倒だという場合は、ネット宅配買取なども有用です。

高価古本買取 | 古本売るならニーズに合わせて

ネット買取は店舗を持たないため、その分家賃や人件費を節約でき、高価買取してもらいやすいと聞いたことがあります。

買取価格を公開しているお店も多く、売る前におおよその査定額を自分で見積もれます。

また、送付冊数などの条件を満たせば送料などの手数料を一切かけずに売れるお店がほとんどです。

親切なお店では段ボールまで無料で届けてくれるサービスもついています。

もう読まなくなった本はほこりをかぶらせたり捨ててしまったりせずに、賢く売ってお金に換えましょう。

Scroll to top